外壁シーリングの傷み、劣化の症状、原因とは。。。 - 外壁塗装 屋根塗装 神奈川県横浜市旭区 みらいホーム株式会社

  • 電話
  • メニュー
お電話フリーダイヤル0120-85-8886

神奈川県横浜市旭区川島町1991-14

営業時間8:00〜20:00
メールからのお問い合わせはこちら

外壁シーリングの傷み、劣化の症状、原因とは。。。

2018年11月24日

お世話になってます。

代表の熊坂です

本日は、三連休の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は、サイディング外壁に付き物、シーリング工事のご紹介をいたします

 

 

 

 

症状

外壁と、シーリング材との間に隙間ができる剥離です

原因 

プライマーの塗り忘れ、プライマーの塗りムラ

外壁の動きにシーリングの接着強度が耐えられなくなった

3面接着による施工

対策 

次回の打ち替え時にはプライマーをしっかり、念入りに入れる

3面接着を防ぐため底部分にボンドブレーカーというテープを貼ってからシーリングを打つ

症状 

シーリング材の真ん中が切れる破断、シーリング材の後ろにバックアップ材、またはハットジョイナー(青い下地が見える)

 

コーキング自体の劣化、寿命

シーリング材の厚み不足

 

 

対策

次回の打ち替え時には、耐久性の良いシーリング材を選ぶ

バックアップ材を入れず、ボンドブレーカーを貼り、シーリングを打ち、厚めにする(8ミリ以上)

ハットジョイナーが見えてる場合は、カバー部材で覆う、ブリッジ工法でシーリングの厚みを確保します

 

シール工事は、外壁塗装前の重要な作業工程であり、仕様は2種類あります

増し打ち

既存のシールの上にシール材を充填し、厚みを増します

打ち替え

既存のシールを撤去し新たにシール材を充填します

※増し打ちに比べ、若干料金も割高になります

 

シールの工程は、外壁塗装において、とっても重要な作業となります

このシール工程を少しでも疎かにしてしまうことで、本来の耐久年数より短くなり、劣化や傷みのスピードが早まってしまいます。

 

外壁塗装の傷みはそこまで進んでいなくても、シールの劣化が目立ってしまうことも多く、お客様からのご相談も多く寄せられています。

 

 

お家のお困りの事、ご相談、現地調査、外壁屋根診断
お見積りの作成など、
何度でも無料でご提出させていただきます
メールでのお問い合わせはこちらからお願いします\(^o^)/

お問い合わせ


また、お電話でのお問合せは、
0120-85-8886です(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは無料相談!フリーダイヤル0120-85-8886(営業時間8:00〜19:00)
  • 楽天リサーチ
  • 初めての方へ
  • 診断士による外壁診断が無料!
  • みらいホームは安心の登録事業者保険加入で万が一の時も安心です。
  • リフォームローン
  • 15年耐久次世代塗料パーフェクトトップラジカル
  • 外壁塗装の新定番「オートンイクシード」
  • 失敗しない業者選び
  • 毎年無料!安心の定期訪問サポート
こんな症状出てませんか?
  • ひび割れ
  • 外壁の汚れ、コケ、カビ
  • 塗装の剥がれ
  • 鉄部のサビ
  • このような症状がでたら
ご相談ください。
  • こんな営業には要注意!
  • みらいホームが選ばれる理由
  • 塗装職人のうんちくブログ
  • 取扱い塗料
会社概要
イメージ

【本店】>
神奈川県横浜市旭区川島町
1991-14
【営業所】
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰
2-9-11

お気軽にお電話ください!
FAX:045-568-2607
営業時間 8:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら