アステックペイント フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IR - 外壁塗装 屋根塗装 神奈川県横浜市旭区 みらいホーム株式会社

  • 電話
  • メニュー
お電話フリーダイヤル0120-85-8886

神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-11

営業時間8:00〜20:00
メールからのお問い合わせはこちら

アステックペイント フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IR

2022年02月08日

お世話になっております。

代表の熊坂です。

本日は、フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRについてご紹介させて頂きます。

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRとは、建物を永く守り続けるために生まれた高耐候型ハイクラスフッ素塗料でございます。

紫外線、雨、熱などの厳しい劣化要因に曝され続ける建物。

「フッ素REVO1000/フッ素REVOI1000-IR」は、そんな建物の外壁を永く守り続ける為に生まれました。

劣化に強いフッ素樹脂を採用し、さらにはフッ素成分を豊富に配合する技術により高耐候性を実現しました。

従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ性能を発揮する革命的なハイクラスフッ素塗料が「フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IR」でございます。

耐候性①

フッ素成分を豊富に配合。

数種類の一液水性フッ素塗料と比較してフッ素成分を約2倍配合しているため、劣化に強い塗膜を形成します。

耐候性②

劣化に強い完全交互結合型

フッ素樹脂を配合

劣化したすい結合箇所が少ない完全交互結合型フッ素樹脂の配合により塗膜の劣化を抑制します。

耐候性③

ラジカル制御型白色顔料により耐候性が向上

塗膜の劣化要因となる【ラジカル】の発生を抑制する【ラジカル制御型白色顔料】を採用。塗膜の劣化を抑制します。

耐候性④

チタン複合遮熱無機顔料により高い遮熱性を発揮

塗料の着色に使用する顔料には日射反射率が高く、熱を吸収しにくい【チタン複合遮熱無機顔料】を採用。近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成します。

劣化に強いフッ素樹脂により高耐候性を実現。建物を長期間に渡って保護します。

促進耐候性試験「キセノランプ式」において約16年~20年(期待耐用年数)経過後も光沢保持率80%以上を保持。

従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ高耐候性を発揮し、建物を長期間保護します。

 

従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ「高耐候性」を実現した3つの技術

技術①

フッ素成分を豊富に配合

数種類の一液水性フッ素塗料と比較してフッ素成分を約2倍配合。

フッ素成分の含有量が多いほど、紫外線により破壊されにくいため、塗膜の劣化を抑制。

フッ素樹脂は、結合エネルギーが高いため、紫外線などの劣化要因に破壊されにくく高い耐候性を発揮する特徴があります。

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRは、数種類の一液水性フッ素塗料と比較して、フッ素成分を約2倍配合。成分の含有量が多いほど紫外線による破壊されにくくなる為、高い耐候性を発揮します。

技術②

劣化に強い完全交互結合型フッ素樹脂を配合。

劣化しやすい結合箇所が少ない完全交互結合型フッ素樹脂の配合により塗膜の劣化を抑制。

フッ素樹脂は、劣化しやすい成分同士で結合している交互性の低い箇所があり、その可塑hが紫外線に破壊されることで塗膜の劣化が進行します。

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRは、劣化しやすい結合箇所が少ない【完全交互結合型フッ素樹脂】の採用により、紫外線に対して優れた耐候性を発揮します。

技術③

劣化要因「ラジカル」を抑える白色顔料を配合。

劣化要因「ラジカル」の発生を抑制する【ラジカル制御型白色顔料】の配合によりラジカルが発生しにくく、塗膜の劣化を抑制。

塗料中の白色顔料の主成分「酸化チタン」は、紫外線の影響を受けると「ラジカル」と呼ばれる劣化要因を発生させます。このラジカルは、樹脂の結合を破壊し、塗膜の劣化を促進します。

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRは、「ラジカル制御型白色顔料」を採用。ラジカルが発生した場合にも、シールド層がラジカルの放出を防ぐ為、塗膜の劣化を抑制します。

低汚染性

一般的な塗料に使用されているフッ素樹脂は塗膜表面に汚れが付着しやすいという課題を抱えています。

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRの塗膜表面は、強靭性を有している為、塗膜表面に汚れが付着しにくく、建物の美観を維持します。

遮熱性

チタン複合遮熱無機顔料により、優れた遮熱性を発揮

フッ素REVO1000/フッ素REVO1000-IRは、一般的な塗料の着色に使用されているカーボンブラック等よりも日射反射率が高く、熱を吸収しにくい【チタン複合遮熱無機顔料】を使用。温度上昇の要因である近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成し、室内の温度上昇を抑制します。

チタン複合遮熱無機顔料の特徴

「変退色抑制効果」と「高い遮熱効果」

一般的な遮熱顔料は、有機顔料を混色して色を作りますが、有機顔料は、紫外線に破壊されやすく、変退色が発生しています。

フッ素REVO1000-IRの調色に使用しているチタン複合遮熱無機顔料は、紫外線による影響を受けにくく、変退色を抑えます。

また、他の黒色無機顔料と比較して、日射反射率が高く、優れた遮熱効果を発揮することが確認されています。

 

お見積りの作成など、

何度でも無料でご提出させて頂きます。

メールでのお問い合わせは⬇こちらからお願い致します。

お問合せはこちら

 

まずは無料相談!フリーダイヤル0120-85-8886(営業時間8:00〜19:00)
  • 楽天リサーチ
  • 初めての方へ
  • 診断士による外壁診断が無料!
  • みらいホームは安心の登録事業者保険加入で万が一の時も安心です。
  • リフォームローン
  • 15年耐久次世代塗料パーフェクトトップラジカル
  • 外壁塗装の新定番「オートンイクシード」
  • 失敗しない業者選び
  • 毎年無料!安心の定期訪問サポート
こんな症状出てませんか?
  • ひび割れ
  • 外壁の汚れ、コケ、カビ
  • 塗装の剥がれ
  • 鉄部のサビ
  • このような症状がでたら
ご相談ください。
  • こんな営業には要注意!
  • みらいホームが選ばれる理由
  • 塗装職人のうんちくブログ
  • 取扱い塗料
会社概要
イメージ

【所在地】神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-11

お気軽にお電話ください!
FAX:045-744-6294
営業時間 8:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら