外壁シーリング材の劣化 - 外壁塗装 屋根塗装 神奈川県横浜市旭区 みらいホーム株式会社

  • 電話
  • メニュー
お電話フリーダイヤル0120-85-8886

神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-11

営業時間8:00〜20:00
メールからのお問い合わせはこちら

外壁シーリング材の劣化

2021年11月08日

お世話になっております。

代表の熊坂です。

サイディングの外壁には、目地や窓廻りにシーリング材が充填されています。

このシーリング材が劣化してしまうとひび割れ、剥がれ等が生じ、雨漏りにつながる可能性が御座います。

皆様のお家のシーリングは、いかがでしょうか?

シーリング材の劣化事例とは?

上記お写真のように目地のシーリング材のような症状が起きている場合には、早急に補修を行うことをお勧めいたします。

シーリング材の劣化は、一般的には雨や紫外線が原因となりますが、外壁の伸縮や、振動によっても、ひび割れ、破断といった症状が起きる可能性が御座います。

また、経年劣化による成分(可塑剤)の流出や、硬質化、痩せが原因となる場合も御座います。

シーリングの劣化は、環境によっても異なりますが、一般的なシーリング材を使用した場合、10年、早ければ5年ほどで劣化症状が表れることもあります。

そのため、外壁塗装を行う際に、同時にシーリングの打ち替えを行うことがほとんどです。

弊社では、耐久年数30年を持つ、オート化学工業のオートンイクシードを使用しております。

このオートンイクシードは、紫外線や熱、水分等の劣化因子を人工的に再現して耐候性試験機で検証を行った結果、耐久年数30年という実験結果が出ました。

シーリング材が自然環境から受ける紫外線や熱、水分等の劣化因子に対する耐性を耐候性試験機(SWOM)で検証しました。

人工的に厳しい外部環境を再現し、長時間に渡るテストを実施し、過酷な条件下で【6000時間】突破というあ驚異的な【高耐候性】を実証しました。

本試験条件下では、200時間を1年間相当と換算し、30年間は長持ちすることが実証されました。

通常のシーリング材は、10年でひび割れし、20年では半分以上は破断していますが、オートンイクシードは、30年経過しても問題ありませんでした。

亀裂・剥離を長時間抑制する耐久性をテスト

耐ムーブメント力と、接着力にこだわり、これまでにない圧倒的な高耐久性を実現。

これまで不可能と言われてきた過酷な耐久性テスト【圧縮30%⇔拡大30% 伸縮繰り返し×4000回】を【3サイクル】計12000回実施し、結果は【異常なし】でクリアしました。

また、劣化原因の一つである【可塑剤の流出】【硬質化】【痩せ】がありますが、オートンイクシードは、可塑剤を配合せずに、優れた柔軟性を維持できる開発に成功しました。

このLSポリマーにより、硬質化を防ぎ、柔らかさを長時間維持できるようになりました。

また、シーリング材の劣化原因である【紫外線や雨、熱等による自然現象による表面劣化】【外壁伸縮や振動による剥離や破断】【経年劣化による可塑剤流出による硬質化や痩せ】の3つの問題も解消し、長寿命を実現したものがオートンイクシードになります。

 

 

シーリング打ち替えの工程とは?

①既存シーリング材を撤去します。

②既存シーリング材です。

③プライマーを塗布します。(プライマーは、外壁と新規シーリング材との密着力を高める役割があります。)

④新規シーリング材【オートンイクシード】を充填します。

 

お見積りの作成など、

何度でも無料でご提出させて頂きます。

メールでのお問い合わせは⬇こちらからお願い致します。

お問合せはこちら

 

まずは無料相談!フリーダイヤル0120-85-8886(営業時間8:00〜19:00)
  • 楽天リサーチ
  • 初めての方へ
  • 診断士による外壁診断が無料!
  • みらいホームは安心の登録事業者保険加入で万が一の時も安心です。
  • リフォームローン
  • 15年耐久次世代塗料パーフェクトトップラジカル
  • 外壁塗装の新定番「オートンイクシード」
  • 失敗しない業者選び
  • 毎年無料!安心の定期訪問サポート
こんな症状出てませんか?
  • ひび割れ
  • 外壁の汚れ、コケ、カビ
  • 塗装の剥がれ
  • 鉄部のサビ
  • このような症状がでたら
ご相談ください。
  • こんな営業には要注意!
  • みらいホームが選ばれる理由
  • 塗装職人のうんちくブログ
  • 取扱い塗料
会社概要
イメージ

【所在地】神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-9-11

お気軽にお電話ください!
FAX:045-744-6294
営業時間 8:00〜19:00
メールでのお問い合わせはこちら